出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

ワッハ上方を作った男たち

著者 毛馬 一三
定価 1,500円(税抜)
発行年月日 2005年5月9日
判型 B6判並製 294ページ
ISBN 978-4-901908-10-8

内容紹介

それは1988年9月2日14時、「砂川捨丸師匠の鼓を保存したいのですが、どうにかなりませんかねえ」の西川きよしの一言からはじまった。 笑いの都でありながら、笑いをテーマにした施設が無い。こらあかんがなと立ち上がった、大阪府の面々。時代はバブルの絶頂から、急転不況下に。財政逼迫の中で笑いと根性で大阪難波千日前に作り上げた、「ワッハ上方」の物語。   題字、刊行によせて:西川きよし   イラスト:成瀬國晴   紹介文:はな寛太

 

目次

 

刊行に寄せて   西川きよし
第1章 捨丸師匠の鼓 
       その発端はひょんなことから 
第2章 「協力しまひょ」といとこい、米朝、きよし 
       検討委員会の立ち上げ 
第3章 上方演芸、お宝発掘 
       展示物の資料収集 
第4章 道頓堀の「がんどう返し」 
       潰えた立地 
第5章 金毘羅宮分社跡地 
       吉本興業、中邨社長の夢 
第6章 「お堅いお上」と「お笑い興行」 
       吉本興業との共同事業 
第7章 「懐かしい、おもろい」がてんこもり 
       ワッハ上方、建設計画 
第8章 YES・NAMBAにオー・イエス! 
       ワッハ上方、ついに開館 
あとがき 
上方演芸の殿堂入り演芸者28組の横顔