出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

大阪のお勉強

著者 前垣 和義
定価 1,300円(税抜)
発行年月日 2008年10月7日
判型 B6判並製 248ページ
ISBN 978-4-901908-35-1

内容紹介

大阪ってやっぱりおもしろい。大阪ってほんま奥深い。 大阪の歴史と文化についての知識散歩を楽しむ一冊。 阿倍晴明、一寸法師は「大坂人」。大阪由来の食の話。大坂から江戸に流れた文化の話。等々、大阪は歴史や文化の街なのだとの新認識をしていただけることでしょう。

 

目次

 

まえがき  大阪の歩き方が、変わってきます

◇タコと虎と城の話◇ 
1.大阪では、「タコ=ハレの食」 
2.タコは、クモ? 
3.たこ焼と明石焼は「兄弟」? 
4.大阪の第三の焼きもの「イカ焼」 
5.大坂の「いか」は、江戸の「たこ」 
6.「くだらん」の語源をたどれば・・・ 
【ちょっとひとやすみ】タコでぇぇ~、お笑いを一席 
7.雨の日に、姿を現す大ダコ 
8.大阪の街を見おろす虎 
9.大阪城は、秀吉城? 徳川城? 
10.信長が注目した地に秀吉が築城 
【ちょっとひとやすみ】秀吉の派手好きと華麗な桃山文化! 
11.大阪城と「どんならん」 
12.薬の街に「張り子の虎」 
13.薬の街・三五〇年の歴史 
14.橋の欄干、神社に「獅子」 
【ちょっとひとやすみ】難波? 名庭? 浪速? 

◇お椀の舟とすし食いねぇ・・・舟七話◇ 
15.一寸法師が漕ぎだしたのは大坂湾 
【ちょっとひとやすみ】一寸法師も桃太郎も同じモデル!? 
16.遠州森の石松の名台詞は淀川の舟上 
17.野崎詣りは屋形船ではなかった!? 
【ちょっとひとやすみ】野崎観音に、お染・久松の墓 
18.佃煮と家康と舟の関係 
【ちょっとひとやすみ】家康は、大坂で没し、堺に墓!? 
19.昆布と舟と堺の刃物 
【ちょっとひとやすみ】堺が刃物の街になるのは 
20.舟いけすと屋形船、ジャズと道頓堀 
21.大阪人は「身を尽くす」? 
【ちょっとひとやすみ】大阪人は、「土瓶の口」が多い!? 

◇「名」を味わう 地名を食べる話◇ 
22.大阪のうなぎは「まむし」味? 
23.大阪の「うずら」はうなぎ味? 
24.魚+四+又=「鰻」 
25.大阪の「ヘビ」は、文化の味 
【ちょっとひとやすみ】江戸時代のデートスポット、夕陽丘 
26.難波は旨い 
【ちょっとひとやすみ】大阪は、ネギのふるさと!? 
27.信太は旨い 
28.きつねとタコは、大阪の「文化関係者」 
29.きつねとたぬき、化かし上手は? 
30.「豚まん」の名にこだわる 
31.大阪の「ボート」は、旨い!? 
32.「鉄砲の刺身」は、どんな味? 
33.スッポンは、形も味も「○」! 
34.大阪の鯨は、「針・針」? 

◇痛快・妖怪・結界話◇ 
35.「真田の抜け穴」は、徳川製? 
36.猿だ、飛んだ、猿飛佐助だ!? 
37.石川五右衛門は、河内人!? 
38.岩見重太郎は、大坂でおろち退治 
39.天下分け目の「天王山」は? 
40.陰陽師・安倍晴明は阿倍野生まれ? 
41.「妖怪」が大阪港を守る! 
42.大阪ミナミに、カッパのミイラ!? 
【ちょっとひとやすみ】大阪のきゅうり巻、東京のカッパ! 

 ◇キタとミナミと大阪話◇ 
43.蕪村・大阪、「菜の花や」 
44.明治期、キタとミナミに高層ビル 
45.曽根崎、網島、門左衛門 
46.お初、徳兵衛は結婚していた!? 
【ちょっとひとやすみ】歴史を刻むキタの太融寺さん 
47.「雉も鳴かずば」の伝説をもつ地 
48.「心ブラ派」?「天ブラ派」? 
49.萬歳第一号は、瓢箪山の玉子屋 
50.徳川家もあっぱれ、川に道頓の名 
51.大坂は「着倒れ」であった!? 
52.道頓堀と看板とのれんの話 
53.大阪の顔、千日前 
【ちょっとひとやすみ】大阪は「混」の発想、「いっしょくた文化」 
54.阿倍野? それとも阿部野? 
55.四天王寺は玉造に? 今宮戎は四天王寺前に? 
【ちょっとひとやすみ】西成区に「てんのじ村」 
56.大阪はなぜ「大阪」なのか 
57.環状線と山手線、どちらが長い? 
【ちょっとひとやすみ】大阪弁の「なやむ」は「悩まない」!? ◇だしと酒と市場の話◇ 
58.東西のだし色は材料の違い 
59.大阪は、だいしが旨い! 
60.昆布+かつおの「だし算」効果! 
61.「食い倒れ」は、「始末の精神」? 
62.東京「赤門」、大阪「黒門」 
63.大阪は、「酒都」!? 

あとがきに、替えて 
大阪マップ 
大阪の年表 
参考文献