出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

4,258万回の「こんにちは」

著者 的場 みな子
定価 1,200円(税抜)
発行年月日 2009年10月1日
判型 B6判並製 176ページ
ISBN 978-4-901908-51-1

内容紹介

おもてなし魂を育んだ『ヘップボーイ』の軌跡

2008年9月までの10年間、大阪キタのファッションビル・ヘップファイブで、「動くインフォメーション」として働いていた、男の子だけの案内係『ヘップボーイ』。 企画・誕生から教育・運営まで行ってきた著者が、笑顔挨拶から生まれた究極のコミュニケーション術を始め、育成。サービス術他その持てるノウハウをすべて明らかにした一冊。

 

目次

 

はじめに 
コンテンツ 

第1章「動くインフォメーション」が誕生するまで 
  どこにも無いインフォメーションとは 
  「エンターテイメント性」をキーワードに、コンセプトは「フレンドリー」 
  「動くインフォメーション」をプレゼンテーションする 
  「動くインフォメーション」のユニフォームの役割 
  オープニングスタッフの募集、面接、そして採用 

第2章マニュアル無しの「笑顔挨拶サービス」 
  ●笑顔挨拶サービス 
  【極意その1】 
   どこにも負けない「本物の笑顔」~目指せ!赤ちゃんの笑顔 
  【極意その2】 
   お客様の心に届く挨拶を 
  【極意その3】 
   挨拶はお客様のタイミングで 
  【極意その4】 
   ご挨拶したお客様には必ずお見送り、それは「ゆっくり」と 

第3章オープニングスタッフの悪戦苦闘~日報より 
  ・オープン直後 
   お客様に挨拶したらビックリされた! 
  ・2~3週間経過 
   お客様に挨拶したら笑われた。でもこれは嬉しいこと 
  ・一カ月経過、初めてのクリスマス 
   挨拶にひと言、気持ちを込める 
  ・約二カ月後、新しい年を迎えて 
   一人欠けるとお客様の迷惑になります 
  ・4~6カ月後 
   自分達がしてきたことが報われたと感じる嬉しい瞬間 
   お客様とのコミュニケーションがやりがいに 
   お客様に喜んでいただくと、自分の心もHAPPYになる 
  ・6カ月以降 
   「継続は力なり」を実感 
   人が人を呼ぶ。噂が人を呼ぶ! 
   カップルのお客様には配慮しなくっちゃ! 

第4章スタッフが身につけた「おもてなし魂」~日報より 
  おもてなし魂その1 
   「言葉のおもてなし」を忘れない!場を共有(共感)する 
  おもてなし魂その2 
   目配りが重要。意識することで見えてくる 
  おもてなし魂その3 
   お客様の気持ちに合わせる 
  おもてなし魂その4 
   「変化」に気づく~どんなお客様が来られているか 
  おもてなし魂その5 
   変化に気づく~お客様の動向 
  おもてなし魂その6 
   感覚のアンテナと想像力を 
  おもてなし魂その7 
   「きっかけ」が大事。購買動機(チャンス)を高めるお手伝い 
  おもてなし魂その8 
   日々、自己啓発~情報収集は欠かせない 

第5章自己啓発系バイト、ヘップボーイ 
  実はみんな自信がないんです 
  探求こそ人生だ 
  壁を乗り越えると自分が変化しているのが感じられました 
  本当にこの仕事をやりたいですか? 
  選ぶのはあなたです~選択と責任 
  自分に向き合っていくこと~この仕事を甘く見ていました 
  ミスから学ぶことは多い 
  自分を不自由にしていたのは自分だった 
  「感じる力」を磨く 
  伝わらなければ意味が無い、やり方を変える! 
  働くということは 
  笑顔挨拶に効果あり 
  PRのためにテレビ出演 

第6章ヘップボーイが人から学んだこと 
  期待に応えることの喜びを学んだ 
  先輩として、後輩として 
  草食系男子の就活 

第7章寺子屋「中村道場」 
  会社の組織と契約 
  世の中(社会)について 
  将来や就職活動について 
  内定はもらったものの・・・ 
  中村道場「挨拶について」 
  中村道場「おもてなしの心」について 
  中村道場「縁と商人の本質」 

第8章商業施設の案内係、「その大切さ」について 
  お客様の立場から見るインフォメーションの問題点とはどのようなものでしょうか 
  笑顔挨拶サービスは世界共通 
  「笑顔挨拶」でお客様に変化が起こる 
  「笑顔挨拶」のすすめ 
  あなたの「売り」は何? 
  当り前のことを当り前に 

HEPファイブCS(顧客満足)基本構想DV(デベロッパー)インタビュー 

あとがき 
データ