出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

銀瓶人語 vol.1

著者 笑福亭銀瓶
定価 1,300円(税抜)
発行年月日 2011年4月5日
判型 四六判 222ページ
ISBN 978-4-901908-62-7

内容紹介

MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですよ!」の金曜日のコーナー「銀瓶人語」が本になりました。笑福亭銀瓶が綴る落語家の日常エッセイ。

 

目次

 

写真集
     はじめに  新堂裕彦
     コンちゃん
     迷惑メール
     マネージャー・小川
     客への確認 
     借りる気はないのに
     声かけてもらえて嬉しいけど
     逆上がり
     釣るコンちゃん
     俺にもあるよな、こんなとこ
     なに言うてんの?
     ユジンさん
     大銀座落語祭
     酒井さん
     絶対に壊せないもの
     落語の稽古
     思い込んだら・・・
     校歌の効果
     やってみると、オツな味
     桑田と私
     焼き肉・あれこれ
     お菓子男
     ケータイ派への仲間入り
     初マラソン
     誰のサイン?
     七人の侍
     無灯火は無謀だ
     タクシーあれこれ
     温泉旅行
     そんな年賀状なんかいらんわ
     魔の1チャンネル
     レディース・デー
     スーパー銭湯
     お父さん、これ教えて
     だるまさんが転んだ
     会長への道
     ホントに、渡る世間は鬼ばかり
     いちいち書くな
     こめんちゃい
     だから落語はやめられない
     女が喋りでどこが悪いねん
     大きくなあれ
     アンタの聞きようが悪いねん
     悪気のない一言
     落語よ今夜もありがとう
     神社の社で思ったこと
     歯ァ磨けよ!
     働け!
     一生、小っ恥ずかしい
     相合傘、したいなぁ
     示談にもならない
     慣れてないもんで
     愉快な釣り仲間
     仲良くできたらいいのにね
     ガマンできない・38歳
     行けばわかるさ
     返事が遅い
     それはどうかなぁ?
     天満天神繁昌亭
     笑いは政治に勝つ
     桂ざこば師匠
     噺家の名前
     ホンマでっか?
     愛すべき間違い
     テレビに釘付け
     うりふたつ
     ヒヤヒヤする注文
     鼻が良くて華がある
     名湯での迷言
     それでもちゃんと届くんです
     一つぐらいは欲しいかな
     ギックリ
     盗れ盗れ記事記事(とれとれピチピチ)
     Wiiのある生活
     そんな言い訳でいいわけ?
     ひとりでできる?
     偶然ではない
     どこに行ってもコンちゃん
     ええとこあるやん中学生
     シュウチュッ!
     出ていくモノも多い
     お預かりいたします
     大袈裟ですか?
     一人旅
     以前は持ってたんですがねぇ
     繁昌亭ができて
     なんで?
     背が伸びた?
     一家団欒?
     言うことがたくさんあります
     とっつきやすい?
     困ったなぁ
     杉サマの影響
     生みの苦しみ
     消えた福沢諭吉
     そうですね~
     上か下か?
     ありがとう。ごめんなさい

     あとがき  近藤光史

    巻末付録
          前史  銀瓶誕生から、『銀瓶人語』ができるまで
          『こんちわコンちゃん お昼ですょ!』番組年表