出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

夢の超特急ひかり号が走った 十河信二伝

著者 マンガ・文:つだゆみ  監修:十河光平  協力:原朗
定価 1,300円(税抜)
発行年月日 2013年8月31日
判型 A5判並製 196ページ
ISBN 978-4-901908-80-1

内容紹介

「新幹線は十河総裁なしではあり得なかった」-井深大(ソニー創業者)- 元満鉄理事にして、多くの障害を押し切って新幹線を走らせた男、第四代国鉄総裁十河信二。 満州で夢見た高速鉄道を日本に走らせたいという思い、そんなものは必要ないという政治的圧力と世間の批判、すべてを乗り越えて、夢の超特急”ひかり”は誕生した。 忘却のかなたにあった真実を照らす、マンガ&ノンフィクション。

 

目次

 

プロローグ


はじめに/十河光平


第一章 愛媛の山々 西条中学時代は楽しい
第二章 一高から東大へ 学生結婚、そして後藤新平との出会い
第三章 国鉄時代 早くも始まった広軌論争
第四章 西条学舎 苦学生の育英に力を尽くす
第五章 関東大震災 復興院の汚職事件でえん罪に
第六章 満鉄理事 広軌弾丸列車に出会う
第七章 西条市長 教育改革と食糧増産
第八章 国鉄総裁 新幹線建設を始める
第九章 新幹線 新幹線開通。テープカットはできず


『夢の超特急ひかり号が走った-十河信二伝-』刊行によせて/原朗


付録1 十河信二の生涯と、鉄道と日本の歴史(年表)
付録2 夢の超特急0系新幹線 ここがスゴイ!


参考文献/写真提供
謝辞/ご協力いただいた方々