出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

ギスギスした人間関係をまーるくする心理学2 エリック・バーンのTA 上級編

著者 安部 朋子
定価 1,800円(税抜)
発行年月日 2015年2月6日
判型 A5判上製 188ページ
ISBN 978-4-901908-96-2

内容紹介

「ギスギスした人間関係をまーるくする心理学」の待望の続編、ついに発売。今回は上級者編として、本流であるエリック・バーンの理論をさらに詳しく解説。
難しいTA心理学を、安部朋子国際TA協会教授が日常の様々なシチュエーションにあてはめてわかりやすく紹介しています。
巻末には「TA心理学きほんのき」「TA実践家に役立つ概念」「4つのシステムシート」を収録。

 

目次

 

はじめに


1章 自我状態のいろいろ
①自我状態二次的構造分析(エリック・バーン)
②自我状態の構造上の病理(エリック・バーン)
③エリック・バーンのエネルギー理論(エリック・バーン)
④取締役の自己と本物の自己(エリック・バーン)
⑤パム・レビンの発達のサイクル(パム・レビン)
・ともこ先生から「TAハッピーカード」のご紹介
・「自我状態二次的構造分析」を知って
応用編:介護の現場で~
・新たな考え方:自我状態の構造モデルと、機能の関係


2章 ラケットのいろいろ
・ラケットの定義
①ラケッティアリング(フランクリン・アーンスト)
②ラケッティアリング(ファニータ・イングリッシュ)
③ラケット(ウィリアム・ホロウェイ)
④-1 ラケット・システム(リチャード・アースキン&マリリン・ザルクマン)
④-2 絡み合ったラケット・システム
④-3 絡み合ったラケット・システムからの脱却
④-4 自立のシステム


3章 ディスカウンティングのいろいろ
①ディスカウント(値引き ケン・メロー&エリック・シグモンド)
・誇張
・ディスカウントのマトリックス(値引きの図式)
・ディスカウンティングの3つの分類
・ディスカウンティングに気づく方法
・シンビオシスの関係
②準拠枠(ジャッキー・リー・シフ他)
③再定義(ケン・メロー&エリック・シフ)
・再定義のやりとり
④再定義の六角形(ケン・メロー&エリック・シフ)


4章 人生脚本のいろいろ
①勝者・敗者・勝てない者(エリック・バーン他)
②プロセス脚本-時間的構造からみた脚本-(エリック・バーン/テイビー・ケイラー)
・プロセス脚本の特徴
・プロセス脚本とドライバーの関係
③内容と結末から見た分類(エリック・バーン)
④スタイナーの3つの脚本タイプ(クラウド・スタイナー)
⑤エピスクリプト(ファニータ・イングリッシュ)
⑥アンチスクリプト(エリック・バーン)
⑦Not-OKミニスクリプト(テイビー・ケイラー)
⑧OKミニスクリプト(テイビー・ケイラー)
⑨クロックタイムとゴールタイム(エリック・バーン)
・自分のゴールタイムとクロックタイムを知る
⑩リーチバックとアフターバーン(エリック・バーン)


TAスタディ!
コラム①TAの学派
コラム②TAの4つの分野


付録1 TA心理学きほんのき
付録2 TA実践家に役立つ概念
付録3 4つのシステムシート


あとがき
参考文献
索引
ギスギスした人間関係をまーるくする心理学(2008年刊)目次