出版案内

オンライン書店からご購入いただけます

島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ

著者 松鳥むう
定価 1,400円(税抜)
発行年月日 2018年7月24日
判型 A5判並製 156ページ
ISBN 978-4-908443-25-1
刷り 1刷

内容紹介

屋久島と奄美のあいだに位置する「トカラ列島」のかつてないガイド&エッセイ本です。
鹿児島からフェリーに乗ること10数時間、
船が出るのは3日に一度、
少しでも海が荒れると、接岸できないので、それも出ない日が多々あります。
そうしてたどり着いた島は、まさに島好き最後の聖地と呼ぶにふさわしいところ。

旅はフェリーに乗ったところから始まります。
みなさん、話しかけてきます。
島は、温泉が湧き放題。
お店はないけど、みなさん集まって飲んでいます。
いろいろくれたりもします。
神社の鳥居にはサメの歯型のような文様があり、シュロの木で作った神様を纏って踊るお祭りは南方のよう。
宝島にはキャプテンキッドが宝を隠したという言い伝えもあります。
そんな7島の、自然も、物も、人も、食も、文化も、観光地もくまなく紹介しました。

巻頭の絶景写真、ボゼの祭りマンガ、各島の地図、もう眺めてるだけでわくわくすること間違いなし。
トカラに行く人も、すぐには行けない人も、ぜひ、手に取ってご覧ください。

 

目次

 

・はじめに


・異世界からの来訪神 ボゼ降臨


・口之島ー野生牛と固有種タモトユリの島
・中之島ートカラ富士がそびえるトカラの中心島
・諏訪之瀬島ー大自然が魅力、活火山の島
・平島ーいにしえの風習が残る平家伝説の島
・悪石島ー来訪神が現れる神秘の島
・小宝島ーうね神が見守る奇岩の島
・宝島ー海賊の財宝が眠る!?宝の島


・トカラ旅の便利帳


・あとがき